株式会社中野本舗

薄墨羊羹

守り伝えてきた伝統の味わい

今より千年もの昔。
天武天皇の皇后が四国・道後へ湯治に訪れた折、 名刹東光院西法寺にて 病気平癒の祈願をされたところたちまち全快され、 その礼にと天皇から賜った名桜が 「薄墨桜」であると伝えられています。
「薄墨羊羹」は、 その名桜に因んだ松山銘菓として 広くご賞味いただいています。

薄墨羊羹について

餡ファン

和と洋 新しい和菓子の創造

株式会社薄墨羊羹は、 江戸の昔より羊羹をつくり続けてきた「餡」のスペシャリスト。
日本の伝統的な甘味である餡のおいしさをもっと気軽に、 日々の暮らしの中で楽しんでほしい。
「餡ファン」はそんな思いから誕生した
新しいスウィーツブランドです。

お知らせ

ブログ